モネときどき福

ボストンテリア『モネ』の日記です。 時々、、実家の柴犬『福』が登場します☆




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

緊急のお知らせ!! :: 2011/04/21(Thu)

UKC JAPAN アニマルレスキューの記事の転記です。


緊急のお知らせです!!


政府より↓↓↓


「政府は20日、避難指示が出ている福島第1原発から半径20キロ圏


内について、22日午前0時に一帯への立ち入りを禁じる「警戒区域」


に指定する方針を決め、南相馬市、双葉町など関係市町村に連絡を


始めた。菅直人首相は21日福島県入りし、こうした方針を住民らに表


明する。政府筋が明らかにした。」と発表がありました。




人命・人体への影響を優先にとの決断はわかりますが、
まだ、数百頭残されている、動物たちを救うことが、
出来なくなります。



この区域に入るということは、法的処置をとられることとなり、
現在、この区域に残された動物たちの飼い主さんからの
不安、焦り、悲しみの電話が、殺到しております。


他団体様も同じ想いでおられると思いますが、


現在こちらとして出来ることは、


下記の「首相官邸」HPにて、


●「動物たち(家畜も可能であれば)の命を救うことにおいて、

社)UKC JAPAN に一任して欲しい」


●「せめてフードだけでもとどけさせて欲しい」



こういった旨を、


ご支援くださるすべての方より、
意見欄に、投稿をお願いいたします。



首相官邸ホームページ


↓  ↓  ↓
http://www.kantei.go.jp/



ご意見欄というのが、ありますので、
どうか、そちらのほうへ、投稿よろしくお願い致します。




今回の警戒区域などの決定権は「原子力保安院」にあります。
首相へのメールの呼びかけと共に
「原子力保安院」へのメールの呼びかけの掲載お願いします。


原子力安全・保安院へのメールはこちらから


  ↓  ↓   ↓
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html


です。


なお、


UKC JAPAN への連絡は、


本来の依頼主さまからの電話がつながりにくくなっておりますので、


お控えいただくこと、ご了承ください。





※転載可能な方、時間がありませんので、
 出来る限り、転載いただけたら幸いです。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。







スポンサーサイト
  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

あの日から一週間 :: 2011/03/18(Fri)

大震災が発生してから今日でちょうど一週間。

あの日、地震が来るまでは、皆がそれぞれの日常を過ごされていました。
まさか、あんなにも悲惨な出来事が起こるなんて誰もが思っていませんでした。

一瞬にして、多くの人々の尊い命と生活を奪った地震と大津波。
とてつもなく恐ろしく、また憎しみさえも覚えます。

連日、厳しい寒さが続いている被災地の過酷な現状を見る度に、かける言葉も見つからず
励ます勇気さえも失われそうです。

家族の一員である大切なペット達の行方は・・・

考えれば考えるほど、やるせない気持ちになり、胸が張り裂けそうです。
しかし、泣いてばかりはいられません。

未だ、不便で厳しい避難所生活を強いられている環境で、体力も気力も既に限界の中
寄り添い、励まし合い、お互いに助け合って頑張ってらっしゃいます。必死に生きています。

またその一方では、1人でも多くの命を救おうと懸命に作業する人、被爆覚悟で命がけになって
原発の修復作業をしている人がたくさんいます。この方達にもまた大切な家族がいらっしゃいます。


今の私に出来る支援とは・・・それは、義援金や節電といった小さな事かもしれません。
しかし、1人では小さな力でも、みんなの力が合わされば大きな力になると信じてます。
そして、決して当たり前ではない、この日常を送れることに感謝をし、日々大切に精一杯生きること。
被災地の方々を思い、願い、祈り、見守ること。

生きる事、救助する事、復興する事、そして何よりも傷ついた心を癒すには、長い年月が必要でしょう。
それでも、いつの日か必ず、心の傷が癒えるその日が訪れると信じています。






  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

心より☆ :: 2011/03/12(Sat)

昨日の東北地方太平洋沖地震より一日が過ぎました。

この度、被害に遭われた方々の事を思うと、とても胸が痛みます。
心よりお見舞い申し上げます。

今はただ、祈ることしか出来ず無力ではありますが、たくさんの悲しみが
どうか、もうこれ以上増えませんように。

IMG_お見舞い







  1. その他
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。