モネときどき福

ボストンテリア『モネ』の日記です。 時々、、実家の柴犬『福』が登場します☆




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

8種混合ワクチン :: 2012/01/23(Mon)

昨日は 8種混合ワクチン接種の為 病院へ行ってきました。
IMG_0112 (448x336)
モネはとにかく病院が大っキライ


病院の駐車場に着いただけで ” ブルブル ”
その震えようといったら すごいのです。

生後7ヶ月で避妊手術、生後8ヶ月の時には膝蓋骨内方脱臼の手術を受けており
痛い思いをしているので無理もありません
IMG_0116 (448x336)


そして、診察が終わった途端に震えがピタリと止むのもいつものこと。笑

ところが、受付で会計をしていると 急にゲボゲボゲボと大量に嘔吐。
おそらく緊張性によるストレスだと思うのですが 念の為にとアレルギー止めの
注射を更に1本打つことに。。


病院を出ると たちまち元気を取り戻し、その後も体調を崩すことはなく良かったのですが。
やっぱり病院ストレスが原因だったのかな?

モーちゃん、キライな病院良く頑張ったね
IMG_0355 (448x335)
お疲れさまね☆



【メモ】
8種混合ワクチン接種料 4900円

+消費税で 合計 5145円

スポンサーサイト
  1. 病院
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

ぷっくりお目目に。 :: 2011/09/10(Sat)

記録として残しておきます。

9/8(木) 夜のこと。
2階で寝ていたモネを夫が起こしに行くと、左目の下まぶたが これまで見たことのない状態に。
赤くぷっくりと腫れ上がっていたのです。
IMG_0684 (478x640) (251x336)


あたふたする飼い主を尻目に、当の本人は 変わった様子もなく むしろ元気すぎるぐらいだったのですけどね。
IMG_0682 (640x478) (448x335) (336x251)
夜9時を過ぎていましたが、かかりつけの病院へ電話をし、大慌てで病院へ直行。

診断結果は アレルギーの可能性があるとのことでした。
注射を1本打ってもらい、お薬を頂いて無事に帰宅。

目の病気ではなかったので ひとまずは安心したのですが、アレルギーの原因が分からないのが気になります。

その日に限って 特に変わった生活をしたわけでもなく、食べ物もいつもと同じご飯(我が家は手作り食です)
を食べていたのですが。

強いて言うなら、飼い主が夕食後に食べた巨峰を ちょっと目を離したすきに ”ペロッ” と一舐めしたこと。
食べてはいないのだけれど・・・ ひょっとして これが原因??

明日には どうか腫れが引いていますように☆
と願いつつも 翌朝 モネの顔を見るのがこわくてたまらなかった私。

恐るおそるモネの顔を見てみると、昨夜の腫れが嘘のようにすっかり引いて 綺麗なお目目に戻っていました。

良かったよぅ(涙)

今回 一晩寝たら症状が落ち着いたので、しばらく様子を見ることにしたのですが
アレルギー検査だけでも受けとくべきなのかなぁ、どうなんだろう?

数か月に1回、飼い主が忘れかけた頃 病院にお世話になっているモネです。。

  1. 病院
  2. | trackback:0
  3. | comment:12

組織球腫のその後。 :: 2011/05/18(Wed)

記事が前後しますが、土曜日のこと。

モネの診察日の為、病院へ行ってきました。
2週間前、赤く大きく腫れ上がってしまった組織球腫。

病院の先生からは、このままだと手術が必要かもしれないというお話もあり
すごく心配していたのですが、この1週間で急に赤みが引き、大きさもあまり
目立たなくなるほどまで小さくなりました。

その結果。 手術の必要なしと診断されました☆

あぁ、良かった・・・本当に良かった。


病院がキライでキライで仕方がないモネは、いつも帰宅後ぐったり。。
このまま翌朝まで就寝なんてことも珍しくありません。
キリン丸と一緒
もう少しの辛抱だよ、頑張ろうね、モーちゃん!!


まだ通院はするのですが、もう大丈夫です。
きっともうすぐ完治すると思います。

これまで心配をして下さった方々、本当にどうもありがとうございました。






  1. 病院
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

組織球腫の経過。 :: 2011/05/01(Sun)

マット
昨日は、モネの組織球腫の経過を診てもらう為2週間ぶりに病院へ。
病状が発症してから、3週間が過ぎました。

実は、いったん回復に向かっているように思えた腫瘍なんですが、数日前より赤みが増し
更には大きく膨らんでしまいました。

1日2回お薬を飲んでいるにもかかわらず、全く症状が回復していないのです。


そして今日の診察結果。
予想通り症状が悪化していました。

あと2週間、これまで通りお薬を飲んで様子を見ることになったのですが、それでも回復しない場合には
手術を考えた方が良いかもしれないという事でした。

あぁ、やっぱりか・・・。
症状が一向に回復しないので、もしかすると手術をしなければいけないのかなと心のどこか片隅では
思っていたものの、実際に先生の口から「手術」という言葉を聞くとやはりショックでした。

悪性の腫瘍ではないので、出来れば手術という体に負担のかかる事は避けたいと思っていた夫と私。。

もちろん、まだ決定したわけではありません。
これから2週間の間にほんのわずかでも症状が緩和されてくれば手術は避けられるかもしれません。

幸いモネの体調に変化はなく、平穏な日常が送れているので、それはとても有難い事だと思っています。

今はただ、お薬を飲んでこれ以上症状が悪化しないことを願うばかりです☆






  1. 病院
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

虫刺されかと思ったら・・・ :: 2011/04/13(Wed)

4~5日前、モネの脇に赤いおできが出来始めました。
組織球腫
一見、虫刺されのようにも見えます。
特に痒がったり痛がったりする様子もなかったので、しばらく様子を見ていたのですが、
一向に治る気配がなく、更には赤みが増してしまった日曜日。

楽しいオフ会の後は病院へ行ってきました。

皮膚検査の結果、『組織球腫』という良性の腫瘍と診断されました。

特に1~2歳未満の若い犬に出来やすく(モネは今年3歳になりますが。。)
自然に消失するという変わった腫瘍だそうです。

炎症があまりにもひどくおできが大きくなってしまった場合には、外科的治療を
する事もあるようですが、通常は放っておいたら治るようです。

ひとまず悪性の腫瘍では無かったので、胸をなでおろし帰宅しました。
この日、上の写真より赤みが強かった為、一週間分の内服薬を頂いてきました。
土曜日にまた病院へ行きます。

ボストンテリアは、肌が弱い子、アレルギーのある子、腫瘍が出来やすかったり・・・と
やはりトラブルが多い犬種のように感じます。
その分、日頃からたくさん触ってあげたり、コミュニケーションをとることで
我が子の体の状態を把握する事がとても大切なんだと再認識しました☆


そんな我が家のモネ。
元気です
いつもと変わらぬ平和な日常を過ごしています。

飼い主にいたっては、良性とはいえ、腫瘍と聞かされ今でも正直心配なのですが。。
早く治るといいね、モーちゃん。






  1. 病院
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。